タクシードライバーに転職すれば活き活きとした生活になる

履歴書

ドライバーへの転職

タクシー

タクシードライバーは努力次第で年収を増やせること、休日が多いこと等のメリットがあります。求人では二種免許の保有者が優遇されますが、未経験者に手厚いサポートをしてくれる会社もあるので、会社選びが重要です。

詳しくはこちら

気を引き締めて新たな道を

街

タクシードライバーの需要は全国的に安定しているので、誰もがタクシードライバーとして活躍できるチャンスがあります。タクシー会社の求人では、多くの場合学歴不問となっているので、しっかりと面接を受け信頼を勝ち取りましょう。

詳しくはこちら

魅力的な運転手

男の人

タクシーは単に移動手段だけではありません。歴史等に精通した運転手に遭遇した観光客にとっては、知的好奇心も刺激し、それが、次の利用にも繋がるのです。会社も、そのように付加価値を持った運転手を望んでいます。そのためには、付加価値を得る努力が必要であり、その方法として現場から学ぶことは大事です。

詳しくはこちら

自由な働き方が魅力

男の人

働きやすい職場

これまで全く違う職種で働いていた人にとっては、タクシー業界に転職して働いていくことには不安もあるかもしれません。しかしタクシードライバーは、働きやすい職場環境であるとも言われています。基本的に車を運転して自由に移動できる職業であるため、一人でいる時間を多く持てるのが特徴です。厳しい上司のもとで窮屈な思いをしてきた人にとっては、こうした自由な職場環境は合うかもしれません。同世代の男性が多く働いているため、楽しい交友関係を持てるのもタクシー業界の利点です。同じように他の業種から転職してきた人が多く、気の合う人も見つけやすい職場です。会社に所属するため一定の給与が支払われますが、さらに努力することでより多くの報酬をもらえるのも魅力です。努力が反映されるため、モチベーションを高く持って働けるのも特徴です。

採用されやすい業界

会社勤めを辞めた人の新しい転職先として、タクシードライバーを選ぶ人が増えています。お客を乗せて指示された場所までタクシーを運転するこの職業には、転職しやすい多くのメリットがあるのがその理由です。タクシーの運転手になるには、特別な知識や経験は必要ありません。転職をする場合多くは、前の職場ではどのような業務に就いていたのか、実績なども含めて問われることになります。転職先が必要とする技能を持っていないと、面接を通過できないのがほとんどです。しかしタクシーの運転手として採用されるには、業務用の車を運転できる免許さえ持っていれば問題ありません。もちろん働きながらでもその資格を取得できるため、転職先としては敷居が低く誰でも応募しやすいため選ばれています。